Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C282]

昔さ、おばあちゃんが近所に住んでた頃
週に2回、整形外科に車で送っていたの。
通勤途中にね。

その時にね
玄関から車に乗るまでのほんの数メートルを歩くのが
おばあちゃんにとってとても困難だったの。
ヨタヨタ時間をかけて歩いてきてね。

手を貸してあげるべきだったんだろうけど
あの頃のわたしはそれができなかったな。
ギリギリまで自力でがんばれって思ったの。

だけどさ
おばあちゃんは手助けしてほしかったかもしれない。
体がきくきかない、じゃなく気持ちの上でね。

手助けって簡単なようで難しくて
難しいけど案外簡単なことだったりするんだよねぇ・・・。

  • 2007-06-14
  • 投稿者 : ミセスコエダ
  • URL
  • 編集

[C283]

ミセスコエダたま☆
ありがと。
いやいや、自力で頑張れっと思うのも
立派な愛情だと思う。

人に手を貸すのって、ほんと難しい。
もっと若い頃は、手を貸してあげれば楽だろうなと
思っても、自分が「よい人」に見られるのが
恥ずかしかったりしたなぁ。
今は、「よい事」はしたいと思うし、言葉にしたい。
人がどう思っても、関係ないって、やっと頭じゃなく、
体で理解してきた気がする。
伸ばした手は、握られた方も、握ったほうも
きっと絶対あったかい。
そう思う、結構歳くった、やこたまである。
しかし、どんな人にでもそうできるか?
と聞かれれば、そこまでは無理と
答えるやこたまである。笑。
  • 2007-06-14
  • 投稿者 : やこたま
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakanasora.blog96.fc2.com/tb.php/122-874f2feb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

仕事の終わり。

 絵文字名を入力してください
 今週の仕事は、今日で終わった。
 利用者さんの入院とか、都合で、後の仕事はキャンセルと
 なってるので、今日でおしまい。

 入院した利用者さんは、きっともう自宅に戻れないかも
 しれない。
 だから、もう二度と会う事もないだろう。
 プツンと終わる。
 今のとこ、ヘルパーの仕事というのはそんな風だ。
 もう少し人間らしい関係もあっていいと思うんだけど・・・。

 高齢者が一人病院に行くのだって大変な事だ。
 そんな事、考えるだけでわかるのに、
 けど、制度が変わったから、とヘルパーは同行できなくなる、
 そんな事も多いみたい。

 仕事でなく、知りあいだったら病院に付き添うくらいできる。
 話相手だけだって、高齢者には大きな意味がある。
 でも、きれい事なんかな。
 仕事だから、成り立つんだろうか。

 わたしは、今両親の近くにいるし、先々、両親を後悔なく
 見れる自分になってたい。
 今の自分は全然未熟で、立って何とか歩けるようになった位。
 介護の仕事して、身体介護がわたしの体ではできないのが
 判明しちゃったしね。
 ダメダメちゃんです。
 それでも、精神的にそれができる自分になってたい。
 そう思う。

 ぼーには、本当に何もしてあげれなかったから。
 突然一人で逝ってしまって、さ。

 でも、だから、今こう考える自分がいる。
 しーたまと共に笑って生きて行く。
 わたしの愛する人たちが幸せでいられるよう、
 何かできる自分になりたい。
 まずは、心配かけない自分にならなきゃいけないけどね。
 生きる意味を考える、それを教えてくれたのは、ぼーだよ。
 だから、いつも一緒。
 
 わたしはわたしらしく生きられるように、
 いっぱい考えて歩いていく。
 わたしだけが知ってるぼーがいる。
 ぼーだけが知っててくれるわたしがいる。
 そりゃもう、わたしをグレードアップしていくしか
 ないでしょう。
 今度会った時に、「おぉ~!頑張った」と言ってくれたら
 無茶苦茶嬉しい。
 でも、道を逸れてボロボロになったわたしを見たとしても
 「来たな」くらいは言って欲しい。

 おーい、聞こえてる ? 絵文字名を入力してください

  
スポンサーサイト

2件のコメント

[C282]

昔さ、おばあちゃんが近所に住んでた頃
週に2回、整形外科に車で送っていたの。
通勤途中にね。

その時にね
玄関から車に乗るまでのほんの数メートルを歩くのが
おばあちゃんにとってとても困難だったの。
ヨタヨタ時間をかけて歩いてきてね。

手を貸してあげるべきだったんだろうけど
あの頃のわたしはそれができなかったな。
ギリギリまで自力でがんばれって思ったの。

だけどさ
おばあちゃんは手助けしてほしかったかもしれない。
体がきくきかない、じゃなく気持ちの上でね。

手助けって簡単なようで難しくて
難しいけど案外簡単なことだったりするんだよねぇ・・・。

  • 2007-06-14
  • 投稿者 : ミセスコエダ
  • URL
  • 編集

[C283]

ミセスコエダたま☆
ありがと。
いやいや、自力で頑張れっと思うのも
立派な愛情だと思う。

人に手を貸すのって、ほんと難しい。
もっと若い頃は、手を貸してあげれば楽だろうなと
思っても、自分が「よい人」に見られるのが
恥ずかしかったりしたなぁ。
今は、「よい事」はしたいと思うし、言葉にしたい。
人がどう思っても、関係ないって、やっと頭じゃなく、
体で理解してきた気がする。
伸ばした手は、握られた方も、握ったほうも
きっと絶対あったかい。
そう思う、結構歳くった、やこたまである。
しかし、どんな人にでもそうできるか?
と聞かれれば、そこまでは無理と
答えるやこたまである。笑。
  • 2007-06-14
  • 投稿者 : やこたま
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakanasora.blog96.fc2.com/tb.php/122-874f2feb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

Extra

プロフィール

やこたま

Author:やこたま
小6のしーたまと二人暮らし。
未亡人歴6年。
ぼっちりぼちぼち更新しています。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。