Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakanasora.blog96.fc2.com/tb.php/576-d18b10c0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

自然に。

 絵文字名を入力してください
 なんとなーく妙な気持ちが残ってる。
 うーん、「寂しい」と言葉にしてみた事で、
 わたしの中に説明のつかない感情が残った。

 ずっと、「寂しいな」と言うのには抵抗があって、
 なんて言うのか、寂しいというのは、
 自分中心の気持ちだから、
 ずっと深くは感じないように過ごしてきた気がする。
 「悲しい」も自分中心の気持ちだけど、
 「寂しい」と言う方が、なんだか避けたい感情なんだな。
 「悲しい」よりも、もっと自分中心のような感じがする。

 どっちにしても、ぼーが亡くなった時、
 「悲しいね」「寂しいね」と自分に優しくしなかった。
 ぼーがいなくなって「寂しいんだ」と、
 もっともっと認めてから元気になれば良かったのかも知れない。
 「ぼーの悲しさに比べたら」
 「ぼーの方が辛い」
 そればかりが心の中にあって、
 わたしが悲しい寂しいなんて言うのは間違ってると
 そんな風に考えてきたから。
 自分の気持ちなんてどうでもいいと思ってた。

 でも、きっとそうじゃないんだろうね。
 もっと自然でなくちゃいけないんだな。
 でも、ここまでこれたのは、そう思い込んできたからだろう。
 それに、無理してないと進めなかった。
 だから、それも認めてあげないとね。

 自分に優しくできないと、
 本当には、人に優しくできないのかも知れない。
 自分を愛せないと、人を愛せないように。
 
 一度骨なしになってみればいいのかも。
 ずっとずっと力が入ったままでは、キツイから。
 だるんだるんになってみたい。
 ちゃんとした、だるんだるん。

 そこから、またわたしの愛は始まるんだろうな。

 けど、だるんだるんになるのって難しいーっっ。
 どうすんの、どうやるのっ。
 
 ぼーに一言
 「あまりにも未熟な人間ですまなかったよー。ごめんよー」
 そう叫んで、笑って手を振ろう。
 呆れて笑うだろうな。

 相も変わらず、あーだこーだと考えてるわたしだよーん。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakanasora.blog96.fc2.com/tb.php/576-d18b10c0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

Extra

プロフィール

やこたま

Author:やこたま
小6のしーたまと二人暮らし。
未亡人歴6年。
ぼっちりぼちぼち更新しています。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。