Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C2044] 感謝です。

はじめまして!

ランキングから伺いました。

最初の記事(日記)から拝見させて頂きました。

前を向いて歩かれていられるんですね♪
大切なこと思い出させてくれました。

ありがとうです。
へいへ~~いっ!
  • 2008-08-30
  • 投稿者 : えりさ♪
  • URL
  • 編集

[C2045]

えりさ♪さん☆
訪問、コメントありがとうございますっ。

無茶苦茶な記事を読んで下さりありがとう。^^
そして、「ありがとう」と言ってくれて
こちらこそ、嬉しいです。
ありがとう。

これからのえりさ♪さんの毎日が
素敵なものになりますように。
へいへーい。
  • 2008-08-31
  • 投稿者 : やこたま
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakanasora.blog96.fc2.com/tb.php/827-0ce4066b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

今のわたし。

 絵文字名を入力してください
 ぼーが亡くなってから、
 そろそろ4年と9ヶ月が経とうとしている。

 最近はね、わたしの中に、言葉にするには、
 伝えるには難しい気持があって、
 なんとなく、モヤモヤしていた。

 今日は、それを書いてみようと思う。
 
 きっと、ここに訪れてくれる人の中には
 死別間もない人もいるだろう。
 だから、わたしが感じる事は上手く伝わらないかも知れない。
 同じ体験していても、感じること、考える事は違うから、
 伝わらない事もあるだろう。
 ただ、わたしは、そのままのわたしでいたいので、
 あまり整理されてない気持ちではあるが、書いてみようと思う。

 ま、仕方ない、読んだろか、という方は、
 「追記の表示」をクリック願います。
 
 
 ぼーが亡くなった時、わたしには大きな後悔が残った。
 それは、誰にでもあるだろう。
 わたしの後悔は「もっと愛したかった」だった。

 二人は仲良かった。
 でも、二人以外の事で、すれ違いが生まれた。
 その事は、その頃のわたしでは消化できなかった。
 と、言っても、その事以外では、楽しんだり、笑ったり、
 普通に生活していた。
 けど、惜しみなく愛せてはいなかった。
 ぼーは、その事について
 「ごめん、俺が悪かった。やこたまと仲良くしていきたい」と
 言ってくれた。
 わたしも、これからは丁寧にぼーを愛し直そうと思ってた。
 でも、それから少ししてぼーは亡くなった。
 何も伝える事は出来なかった。
 突然だった。
 時間はなかった。

 お互いに未熟だったと、今は思う。
 どうしようもないけど。
 
 でも、ぼーは考えられないくらい優しくて、
 自分の事より、わたしや、しーたまの事をいつも考えてくれてた。
 愛情の深い人だった。
 きっと、今でもそう。
 
 わたしには、愛された記憶が痛いほどに刻まれている。
 でも、それに比べて自分の愛は全く足りてなかったと思う。
 そんな風に自分を責めるのも、死別したからだ、というのも
 きっと正しい。
 けど、死別して残ったのはわたしなんだ。
 わたしが学ばなければならないから、残ったんだ。
 わたしはいつも、そう考えている。

 心の奥にある疑問があった。
 わたしは、愛される事は教えてもらった。
 だから今度は、
 何かを誰かを大切に大切に愛する事を
 学ばなくてはいけないのではないか、と。
 それをずっと考えてた。
 人生の宿題みたいな、課題みたいなものというか。

 こんな風に言葉にしなくては、
 と思い始めたのもここ最近の変化だ。
 最近は、ぼーとわたしが同化してきたように感じるんだ。
 亡くなってから、ぼーの事をいっぱい考え、
 どんな人になりたいか、どう生きるべきか、生きたいか、
 そんな事ばかり考えてきたら、同化してきたようだ。
 今のわたしを、これからのわたしを
 ぼーとわたしが作ってる、作っていくという感覚。
 もうぼーとわたしは離れる事はない、
 ずっと一緒にいるという事が自分の中で揺るぎないものに
 変化してきたからだと思う。
 だから、誰かを愛する事があっても、
 二人で愛するという感覚なんだ。

 でも、だからと言って、誰かを探す訳でもない。
 もちろん、今特定の誰かを愛してる訳でもない。
 わたしの生活には、大切なものの順位がある。
 しーたまを大切に愛して、
 今の生活を大切にする事が何より大事だ。
 ただ、自分の人生に学びとしてそれが必要なら、
 そういう時もくるのかも知れない。
 
 うん、再婚するなんて考えた事ないし、
 「この人を」じゃなくていいのかも知れない。
 ただ、自分の中にある「愛する」気持ちを
 大切にしていきたい。
 恋じゃなくて、愛なら、無限だとも思う。

 
 わかるんだ。
 ぼーとずっと一緒にいるという事。
 一番大切な人であるという事。
 それが変わる事がないという事。
  
 本当はぼーを愛し直したい。
 ううん、この4年9ヶ月、
 ぼーを愛し直してきたのかも知れないな。
 今は、いろんな事を愛しいと思える気持ちを
 大事に守っていきたい。

 なんて事言ってもね、
 「何で俺が誰かを一緒に愛さないかんのだ」
 「何言い出すんだ」
 ってね、ぼーの声が聞こえないでもない。笑。
 ま、わたしの人生に起こる事は、
 ぼーはもう知ってると思うし、
 案外手を入れる事もできると思ってる。
 ぼーが違うと思うなら、阻止してくるのではないかと思う。

 さ、どうするんだろ。笑。

 
 ダーッと書いてしまったけど、
 上手く伝わらなかったら、ごめん。
 長いの、読んでくれてありがとう。

 ありがとね。

 これは、今のわたしの心の一部。
 ただ、素直に自然でいたいので、書いてみた。
 結構悩んだ。笑。
 毎日踏ん張らなきゃ生きれないし、
 何とかの毎日だ。
 だから、かなり壮大な課題なのである。

 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
 
 難しい事を考えずに簡単に、
 愛して愛される事は、
 人生においてとてつもなく大切な事であると思う。

スポンサーサイト

2件のコメント

[C2044] 感謝です。

はじめまして!

ランキングから伺いました。

最初の記事(日記)から拝見させて頂きました。

前を向いて歩かれていられるんですね♪
大切なこと思い出させてくれました。

ありがとうです。
へいへ~~いっ!
  • 2008-08-30
  • 投稿者 : えりさ♪
  • URL
  • 編集

[C2045]

えりさ♪さん☆
訪問、コメントありがとうございますっ。

無茶苦茶な記事を読んで下さりありがとう。^^
そして、「ありがとう」と言ってくれて
こちらこそ、嬉しいです。
ありがとう。

これからのえりさ♪さんの毎日が
素敵なものになりますように。
へいへーい。
  • 2008-08-31
  • 投稿者 : やこたま
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakanasora.blog96.fc2.com/tb.php/827-0ce4066b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

Extra

プロフィール

やこたま

Author:やこたま
小6のしーたまと二人暮らし。
未亡人歴6年。
ぼっちりぼちぼち更新しています。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。